新型コロナウイルスの感染の影響で2020年3月1日の東京マラソンの一般参加は中止となりました。

東京マラソン2020は中止されることになりましたが、日本人と中国人では条件が違うと問題になっています。

東京マラソン2020の返金なしでひどい・ありえないのはなぜで返金しない理由を調べてみました。

スポンサーリンク

東京マラソン2020は一般参加が中止


2020年3月1日に開催される東京マラソンは、新型コロナウイルスの影響で一般参加は中止されるが決定されました。

東京マラソン2020の参加者は38000円ですが、当日はエントリーランナー約200名が参加する予定です。

東京マラソンの参加料は国内が16200円、海外が18200円となっています。

エントリー規約によると新型コロナウイルスでは返金はしないことになりました。

スポンサーリンク

東京マラソン2020の参加費は返金なしでひどい・ありえないのはなぜ?


東京マラソン2020の参加費は返金なしでひとい、ありえないとの声が上がっています。

新型コロナウイルスに感染した拡大により一般参加は中止となりましたが、参加費の返金が問題となっています。

東京マラソン2020の国内の参加費は16200円、海外の参加費は18200円です。マラソンでは高額な参加費を払っているので、返金なしはおかしいと思ってしまいますね。

さらに日本人ランナーと中国在住ランナーでは対応が違っています。

日本人ランナーは、2020年参加費返金なし、2021年の参加資格はもらえるが参加費が必要。中国在住ランナーは、2020年参加費返金なし、2021年の参加料無料です。

日本人ランナーと中国在住ランナーともに返金なしであることは変わりはありません。

しかし、中国人だけは2021年の参加料が無料ということがクレーム問題となっているようです。

たしかに返金なしなら納得できるけど、中国だけは来年の参加費が無料なのはなぜか疑問が残ります。日本でも地方からの地方から参加なら中国と旅費は変わらないと思いますね。

スポンサーリンク

東京マラソン2020は返金しない理由は規約


東京マラソン2020は参加費は返金なしでおかしいといわれていますが、なぜへんきんしないのでしょうか。

東京マラソン2020のエントリー規約の記載を確認すると新型コロナウイルスの影響では返金しないことがわかります。

返金なしありえないとは思いますが、人数もすごいので難しいところですね。

スポンサーリンク