2020年3月8日に名古屋ウィメンズマラソンは開催される予定となっています。

東京マラソン2020は、新型コロナウイルスの影響で中止で参加料が返金しないことになっています。

そこで今回は、名古屋ウィメンズマラソン2020の中止や返金、払い戻しはいつになるか調べてみました。

スポンサーリンク

【名古屋ウィメンズマラソン2020】新型コロナウイルスの影響で中止?


2020年3月8日に開催される名古屋ウィメンズマラソン2020は中止されるのでしょうか。

名古屋ウィメンズマラソン2020は、女性のみが参加しますが、エリート選手137人、一般ランナーが23865人の合計24002人がエントリーしています。

東京マラソン2020では一般ランナーが出場を中止したことで、名古屋ウィメンズマラソン2020でも開催可否を協議中のようです。

現在のところ、一般ランナーの中止は発表されていませんが、いつはわかるのでしょうか。

スポンサーリンク

【名古屋ウィメンズマラソン2020】中止決定はいつ?


名古屋ウィメンズマラソン2020は日本や海外からも多くのランナーが参加しますが、いつ中止が決定されるのでしょうか。

中止となると宿泊施設や交通機関にも大きな影響を与えるので中止の発表は早めの連絡がいいことがわかります。

東京マラソンは約2週間前に中止が決定されたので、名古屋ウィメンズマラソン2020でも約2週間前には決定されるのではないでしょうか。

2020年2月25日くらいまでには開催可否がわかるかもしれませんね。

スポンサーリンク

【名古屋ウィメンズマラソン2020】返金されない?払い戻しはいつ?

名古屋ウィメンズマラソン2020の参加料は以下の通りです。

一般:8850円
チャリティー:13850円

名古屋ウィメンズマラソンのホームページを確認すると主催者の責によらない自由での大会中止は参加料は返金されないようです。

東京マラソンのエントリー規約では感染症などの中止理由には触れていませんでした。

返金なしありえないやおかしいと思うこともあるかもしれませんが、規約により返金されない可能性が高いと思われます。

しかし、参加賞のTシャツやタオルなどの参加賞は後日送付されるところが多いようなので参加賞は送付されることになりそうです。

東京マラソンでは別途参加料がかかりますが、来年の出走することが可能となっています。

名古屋ウィメンズマラソンも抽選で行われる大会なので、中止が決定された場合には2021年の出走権保証が期待できるかもしれません。

スポンサーリンク