2020年1月2日(木)の8時スタートの箱根駅伝1区の注目選手、出場選手予想、区間記録を紹介します。

注目選手や区間記録を参考にすると箱根駅伝の1区を楽しむことができます。

スポンサーリンク

【箱根駅伝2020】1区(21.3km)の距離とコース

箱根駅伝の1区は読売新聞社前をスタートして、鶴見中継所に向けて走ります。1区の距離は21.3kmです。

東京・大手町 読売新聞東京本社ビル[注 1] 前(往路スタート)→(東京都道409号日比谷芝浦線)→(国道15号)→(田町)→(品川駅前)→(新八ツ山橋)→(蒲田(京浜急行電鉄・京急蒲田駅))→(六郷橋)→鶴見中継所

駆け引きのポイントは、7.6km付近の新八ツ山橋。17km過ぎの六郷橋になります。

読売新聞東京本社前で応援する人はたくさんいます。

2019年の1区は、タスキを渡すときに選手がいないというアクシデントや転倒がありましたが、2020年はどんなドラマが待っているのでしょうか。

スポンサーリンク

【箱根駅伝2020】1区の区間新記録

箱根駅伝の区間新記録は、2007年(第83回大会)の東海大学の佐藤悠基選手が1時間1分6秒です。

2007年の箱根駅伝では1位と2位の差が4分1秒と圧倒的なスピードで区間新記録を出しています。

佐藤悠基選手の記録は、2007年から12年間も破られていません。

2019年(第95回大会)は、東洋大学の西山和弥選手と最下位の差は8分40秒です。

スポンサーリンク

【箱根駅伝2020】区間賞歴代記録

箱根駅伝の1980年から2009年までの区間賞歴代記録です。

開催年 記録 選手名 学年 大学名
2019年 01:02:35 西山 和弥 2 東洋大
2018年 01:02:16 西山 和弥 1 東洋大
2017年 01:03:56 服部 弾馬 4 東洋大
2016年 01:01:22 久保田和真 4 青学大
2015年 01:02:00 中村 匠吾 4 駒澤大
2014年 01:01:25 山中 秀仁 2 日体大
2013年 01:03:32 田口 雅也 2 東洋大
2012年 01:02:03 大迫 傑 2 早稲田大
2011年 01:02:22 大迫 傑 1 早稲田大
2010年 01:02:27 北條 尚 4 明治大
2009年 01:04:48 矢澤 曜 1 早稲田大
2008年 01:04:37 佐藤 直樹 2 城西大
2007年 01:01:06 佐藤 悠基 2 東海大
2006年 01:03:42 木原真佐人 1 中学大
2005年 01:02:52 丸山 敬三 3 東海大
2004年 01:02:51 鷲見 知彦 1 日体大
2003年 01:04:36 内田 直将 3 駒澤大
2002年 01:04:21 入船 満 4 順天堂大
2001年 01:03:38 野村 佳史 2 中央大
2000年 01:02:39 徳本 一善 2 法政大
1999年 01:04:01 東 勝博 4 拓殖大
1998年 01:02:46 湯浅 竜雄 4 専修大
1997年 01:04:57 梅木 蔵雄 3 早稲田大
1996年 01:03:26 B.Y.トゥーラ 4 亜細亜大
1995年 01:01:32 中村 祐二 2 山学大
1994年 01:01:13 渡辺 康幸 2 早稲田大
1993年 01:02:09 櫛部 静二 3 早稲田大
1992年 01:03:22 武井 隆次 2 早稲田大
1991年 01:03:26 武井 隆次 1 早稲田大
1990年 01:04:38 谷川 義秀 2 日本大
1989年 01:05:40 三浦 武彦 4 順天堂大
1988年 01:03:59 実井謙二郎 1 大東大
1987年 01:05:18 池田 克美 1 早稲田大
1986年 01:04:07 岡部 邦彦 4 東農大
1985年 01:04:29 仲西 浩 2 日体大
1984年 01:04:11 植松 誠 4 日体大
1983年 01:03:30 佐藤 和也 4 東洋大
1982年 01:04:30 吉田 富男 4 順天堂大
1981年 01:05:04 三橋  稔 4 東農大
1980年 01:06:04 石川 海次 4 早稲田大
スポンサーリンク

【箱根駅伝2020】1区の出場選手予想・注目選手

2020年の箱根駅伝でも、エースクラスを起用してくる大学が多くなります。

1区で差を付けられると厳しくなるので、ここ数年は1区に力を入れています。

以下の選手に注目が集まります。

  • 西山和弥選手
  • 鬼塚翔太選手
  • 鈴木塁人選手
  • 中谷雄飛選手
  • 東洋大学の1区の出場選手予想としては、西山和弥選手になります。2018年、2019年と2年連続で区間賞と獲得しています。

    2020年も経験と実績があるので、起用されることが濃厚です。2019年は出雲駅伝と全日本大学駅伝で結果を残すことができていませんが、箱根駅伝では活躍が期待されます。

    今大会優勝候補大本命の東海大学は、鬼塚翔太選手が最有力候補です。

    鬼塚翔太選手は、2017年、2019年と箱根駅伝1区を走っています。2020年の箱根駅伝にもエントリーしているので、起用されると思います。

    青山学院大学の鈴木塁人選手は1区に出場される可能性があります。

    鈴木塁人選手は2018年の箱根駅伝1区で走っています。今年はキャプテンとしてもチームをまとめているので、責任重大な1区に起用されることになるでしょう。

    前回大会は、1年生だった早稲田大学の中谷雄飛選手は、1時間2分台と好タイムを出しています。中谷雄飛選手は、スーパールーキーとして活躍したことで2020年の箱根駅伝も走るのではないでしょう。あ

    スポンサーリンク

    箱根駅伝2019年1区の出場選手と区間記録

    順位 選手名 大学 記録
    1 西山 和弥(2) 東洋大 1:02:35
    2 中山 顕(4) 中央大 1:02:36
    3 橋詰 大慧(4) 青山学院大 1:02:41
    4 中谷 雄飛(1) 早稲田大 1:02:42
    5 佐藤 敏也(3) 法政大 1:02:43
    6 鬼塚 翔太(3) 東海大 1:02:43
    7 片西 景(4) 駒澤大 1:02:44
    8 モグス・タイタ(3) 東京国際大 1:02:50
    9 住吉 秀昭(4) 国士舘大 1:02:54
    10 藤木 宏太(1) 国字院大 1:02:57
    11 竹下 凱(4) 帝京大 1:03:09
    12 池田 耀平(2) 日本体育大 1:03:10
    13 鈴木 聖人(1) 明治大 1:03:11
    14 川村 悠登(4) 中央学院大 1:03:14
    15 山藤 篤司(4) 神奈川大 1:03:22
    16 鈴木 勝彦(4) 城西大 1:03:55
    17 横山 徹(2) 日本大 1:04:24
    18 赤﨑 暁(3) 拓殖大 1:04:26
    19 澤藤 響(2) 順天堂大 1:04:40
    20 齋藤 優(3) 上武大 1:06:08
    21 清水 鐘平(4) 山梨学院大 1:06:33
    22 新井 康平(4) 大東文化大 1:11:15
    参考 近藤 秀一(4) 学生連合 1:07:08