2019年やりすぎ都市伝説2019冬スペシャルでは、クババについて紹介されています。

クババとは人類に言語と知恵を与えたのでしょうか。

人類を作ったとされる神の存在について確認してみましょう。

スポンサーリンク

クババとは?


クババとは、やりすぎ都市伝説では「人間に知恵を授けたもの」と言っていました。

シュメール王名表によれば、クババはキシュ第3王朝のことです。別名は「クバウ」と言います。

クババは100年間にわたって在位したと言われています。

古代メソポタミアでは、サム・ラマトやナキアなどがいましたら、正式に王として即位した女性はクババが唯一の存在です。

クババは実際の人物だったのかまではわかっていません。クババは神だったのでしょうか。

クババは人類の神で言語や知恵を与えた?


クババが人類の神で言語や知恵を授けたのではないかと言われています。

クババの存在がなかったら現在の言語というものがどうなっていたのかわかりませんね。

言語を授けなかったら人と話すこともできないので、人類はどのような形になっていたのかも気になります。

世界には言語はたくさんありますが、言語が統一されていれば複数言語を覚える必要はなかったですね。

現代ならの日本人なら日本語と英語はできればなんとかなりますね。

スポンサーリンク

クババとキュベレーは同じ


クババとキュベレーは同じものとなっています。

クババが来るまでは何も存在していなかったのではないかと言われています。

クババとは人類に言語と知恵を与えた神

クババとは、やりすぎ都市伝説では人間に知恵を授けたもの。言いかえれば人類に言語と知恵を授けてくれたと言えそうです。

クババの意味は難しいと思いますが、やりすぎ都市伝説2019ではわかりやすく説明しています。

やりすぎ都市伝説ではインドに向かってクババの謎に迫っています。

やりすぎ都市伝説の18番目の項目とは?地球や宇宙に・・・

ヒューメイリアンは日本人や有名人の子供は?見分け方や顔画像【やりすぎ都市伝説2019】

スポンサーリンク