2020年の箱根駅伝に出場する東洋大学の相澤晃の進路先や就職先はどこなのでしょうか。

実業団の旭化成への内定が決まっていると言われていますが、本当なのでしょうか。

東京オリンピックやパリオリンピックを目指しているので、出場は可能か紹介します。

スポンサーリンク

東洋大学の相澤晃選手の進路先や就職先はどこ?【実業団の旭化成】


東洋大学の相澤晃選手は、進路先(就職)は旭化成です。

旭化成は、宗兄弟など世界で活躍したマラソンランナーをたくさん選出して名門。現在は、箱根駅伝で活躍した村山兄弟、市田兄弟などが在籍しています。

旭化成の陸上部は、2019年までに全日本実業団対抗駅伝で歴代最多24回優勝しています。

1990年代は黄金期でしたが、2000年代に入ってからコニカミノルタ、富士通、日清食品などの実業団が強かったため優勝することはできませんでした。

しかし、2017年から2019年まで3連覇をしています。東洋大学の相澤晃選手が就職することで選手層が厚くなりますね。

旭化成以外の実業団からたくさんオファーが来たと思うので、進路先には悩んだのではないかと思います。

最近の実績や大学駅伝でも活躍した選手がいるので、オリンピックを目指すには旭化成を選んでよかったと思います。

スポンサーリンク

東洋大学の相澤晃選手の箱根駅伝からパリオリンピック出場の可能性


東洋大学の相澤晃選手は箱根駅伝から2020年の東京オリンピックを目指しています。

東京オリンピックでは10000メートルで出場を目指していますが、2024年のパリオリンピックではマラソン日本代表として期待されています。

2021年の米国ユージン世界陸上も日本代表としても目指しているようです。

相澤晃選手は、全日本大学駅伝では10kmの通貨タイムが27分40秒台という驚異的な走りで区間新記録を出しています。2020年の世代最強ランナーとして活躍しています。

大学駅伝の実績ではパリオリンピックのマラソン出場できる可能性はあります。相澤晃選手は、トラックよりロードで抜群の強さを誇っているので、4年間マラソンの練習をすることで良い結果を残せると思います。


相澤晃選手は、マラソンの日本記録を更新することを目標にしているようなので、期待することができそうですね。

進路先の旭化成でも活躍してマラソンでオリンピックを目指して頑張ってほしいですね。

箱根駅伝2020優勝候補・順位予想!往路・復路の注目選手【最新版】

スポンサーリンク