ボクシングの井上尚弥選手の次戦の対戦相手候補のカシメロの勝敗予想をしてみました。また、強さはランキング歴代1位か確認して下さい。

バンダム級では最強との評価の井上尚弥選手はアメリカのラスベガスでどんな試合をするのか注目が集まります。

スポンサーリンク

井上尚弥選手の日程・次戦は日本時間のいつで対戦相手は誰?


井上尚弥選手の次戦は日本時間の2020年4月26日(現地4月25日)での対戦予定となっています。

次戦は米ラスベガスでの試合が濃厚で対戦相手は、フィリピンのWBO世界バンタム級王者ジョンリル・カシメロの予定です。

井上尚弥選手は、横浜市の大橋ジムでスパーリングを再開しています。3月下旬にはラスベガス入りする。

スポンサーリンク

井上尚弥選手とカシメロの勝敗予想!勝つのはどっち?

井上尚弥 カシメロ
戦績 19戦19勝16KO無敗 29勝20KO4敗
世界戦戦績 14勝12KO無敗 7勝5KO2敗
KO率 84% 60%
階級制覇 3階級 3階級
身長・リーチ 165cm・171cm 163cm・163cm

井上尚弥選手は、WBA世界バンタム級王者のジェイミー・マクドネル1R、世界バンタム元王者のファン・カルロス・パヤノ1R、IBF世界王者のエマニュエル・ロドリゲス2R。

WBSS決勝戦のノニト・ドネア選手とは12R判定勝ちで強敵にも圧倒的な強さで勝利しています。

対戦相手のカシメロ選手は、バンダム級のテテ選手に3RKO勝利しています。

井上尚弥選手KO率84%とカシメロ選手KO率60%ともにハードパンチャーであることはわかります。

井上尚弥選手はドネア選手との試合でも打たれず強さまで証明されています。どんなに強い相手と対戦してもダウンを奪われることもなく、早いラウンドでKOしていますね。

また、練習相手もダウンさせたり、練習相手が逃げたなどいろいろな伝説があります。

井上尚弥選手がカシメロに負けることは考えられないので、井上尚弥選手が勝利すると予想しています。

フィリピンの「ザ・マニラ・タイムズ」でも井上尚弥選手が有利と予想していますね。

スポンサーリンク

井上尚弥選手は強さはランキング歴代1位か?


ボクシングの井上尚弥選手は強さはランキング歴代1位と言われています。

過去の対戦相手や対戦成績など圧倒的な強さでチャンピオンに勝利しています。

弱い対戦対手を選ぶことはなく、強い相手との試合しかしていないのに全勝です。

パウンドフォーパウンド3位でもあるので、日本では最強に強いボクサーではないでしょうか。

スポンサーリンク