ボクシングの村田諒太選手の次戦(2020年)の試合の報酬はいくらなのでしょうか。

次戦はサウル・アルバレス(カネロ)やゲンナジー・ゴロフキンとの世界戦になるのか紹介します。

スポンサーリンク

村田諒太選手の2020年の試合はいつ?


村田諒太選手は2019年12月23日に試合が行われたので、2020年の試合は春以降になると思います。

次戦は4月、5月で対戦対手によっては、海外で試合を行う可能性もあります。

2020年は、サウル・アルバレス(カネロ)やゲンナジー・ゴロフキンとの世界戦になるのか予想してみました。

スポンサーリンク

村田諒太選手の次戦の報酬はいくら?最低50億円


村田諒太選手は、サウル・アルバレス(カネロ)やゲンナジー・ゴロフキンと東京ドームで試合することになると最低でも50億円と言われています。

メイウェザーとパッキャオの試合は数百億円の報酬があったので、村田諒太選手対カネロ、村田諒太選手対ゴロフキンでも100億円とかもありえるのかもしれませんね。

日本人が1試合で数十億円の報酬を獲得することのなるのでしょうか。

スポンサーリンク

村田諒太選手の次戦!サウル・アルバレス(カネロ)やゲンナジー・ゴロフキンの予想

村田諒太選手とサウル・アルバレス(カネロ)やゲンナジー・ゴロフキンのビッグファイトの可能性はあると思います。

カネロは日本でのファイトに興味があると話していたので、日本でのビッグファイトが実現することも考えられます。

カネロは1試合ごとに膨大な金額を支払わないといけませんが、村田諒太選手の実力なら対戦することになってもおかしくありません。

ミドル級といったらゲンナジー・ゴロフキン選手の名前もあがりますね。

ゴロフキン選手は、キャリアとしては十分ですが、衰えも感じられます。村田諒太選手は、ゴロフキン選手の練習相手の時は、ボコボコにされたと言われています。

しかし、現在は強さならゴロフキン選手と面白い試合になると思います。ゴロフキン選手は強いですが、経験もある村田諒太選手なら対応できるはずです。

次戦に、サウル・アルバレス(カネロ)やゲンナジー・ゴロフキンと試合ができない場合は、ブラントとのラバーマッチも予想されます。

個人的にはゴロフキン選手には衰えが見えれているため、なるべく早く村田諒太選手と試合が見たいと思います。

スポンサーリンク