日産元会長のカルロスゴーン氏がレバノンで会見で豊田正和氏の名前が出ていました。

今回は、豊田正和氏の経歴・職歴、出身大学や高校の学歴や年収や資産はいくらなのか紹介します。

スポンサーリンク

豊田正和氏のwiki経歴・職歴


豊田正和氏の経歴や職歴になりますが、日産自動車株式会社、キヤノン電子株式会社、日東電工株式会社、日本エネルギー経済研究所の社外取締役などに就任しています。

複数の企業に関わっているみたいなので、経歴は本当にすごいですね。

1973年4月:通商産業省 入省
2003年8月:経済産業省 商務情報政策局長
2006年7月:同省 通商政策局長
2007年7月:同省 経済産業審議官
2008年8月:内閣官房宇宙開発戦略本部 事務局長
2008年11月:内閣官房参与
2010年7月:一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 理事長
2011年6月:日東電工株式会社 社外監査役
2015年3月:キヤノン電子株式会社 社外取締役
2016年6月:株式会社村田製作所 社外取締役
2018年6月:日産自動車株式会社 社外取締役

スポンサーリンク

豊田正和さんの学歴!出身高校・大学はどこ?


豊田正和氏の学歴は、以下の通りです。

1973年3月:東京大学法学部 卒業
1979年6月:プリンストン大学 WWS行政大学院 公共経営学修士課程 修了

豊田正和氏の出身高校の情報はわかりませんが、開成高校など偏差値が日本トップクラスの高校は出ていると思います。

高校卒業後は、東京大学法学部を卒業しています。さらにプリンストン大学にて公共経営学修士課程を修了しています。

プリンストン大学は、アメリカでも有名でケネディ氏も卒業している名門校です。

学歴だけでもすごいですが、経歴や職歴も含めると超エリートですね。

こんな学歴や経歴になっていたらどんな人生になるのか気になりますね。

スポンサーリンク

豊田正和氏の年収や資産はいくら?

豊田正和氏の年収や資産はいくらなのか調べてみました。

豊田正和氏は、現在は以下の4社に携わっています。

  • 日産自動車株式会社
  • キヤノン電子株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 日本エネルギー経済研究所
  • 日産自動車の役員報酬だけでも1000万円以上は超えていると思います。

    キヤノン電子株式会社、日東電工株式会社、日本エネルギー経済研究所も大きな会社なので、トータルすると年収は1億円以上になる可能性はありそうですね。

    年収が1億円以上なら日本人の中でもトップクラスに稼いでいることになります。

    これまでの経歴を確認してもすごいところで働いていたので、資産もすごいことになっていると思います。

    正確な年収や資産はわかりませんが、それだけのことをやってきたはずなので当然の結果なのかもしれません。

    豊田正和氏は、トヨタ自動車、豊田一族、豊田家とは関係なさそうです。

    スポンサーリンク