越野沙織さんのプロフィール・経歴・学歴は?

越野沙織さんは、将棋や算数、ピアノなどで才能を発揮して天才少女と呼ばれていたそうです。
今回は、越野沙織さんのプロフィールや経歴、出身高校、中学、大学はどこか紹介します。(2022/3/2更新)

越野沙織さんは杉本昌隆八段を師匠とする天才将棋少女として有名でした。今は日本人女性初のノーベル賞に近い存在。
羽生棋士とも対局した天才将棋少女が放射線科医に。
目指すのは「日本人女性初のノーベル賞」ということで話題になっています。
現在は医者として活躍している越野沙織さんの今後の将来に注目が集まりますね。

越野沙織医師のプロフィール・経歴

名前:越野沙織 (こしのさおり)
職業:研究者
所属:東京大学大学院医学系研究科
部署:放射線科

●最終学歴

2017年4月 – 2021年3月東京大学大学院医学系研究科 生体物理医学専攻 放射線医学講座 放射線診断学分野(医学博士号)

●最近の経歴

2021年7月 – 現在東京大学医学部附属病院 22世紀医療センター コンピュータ画像診断学/予防医学講座 特任助教

2020年4月 – 2021年3月東京大学医学部附属病院 放射線科 チーフレジデント

●受賞歴
2020/08Educational Stipend Awardultrashort TE MRIを用いた肺結節の検出能力の初期検討放射線科4年・大学院4年・30歳

越野沙織「放射線科医が取り組む医療AIについて」ー医療×AIセミナーシリーズ第11回:シンポジウム『医療現場で本当に価値あるAIを作るために』

越野沙織さんは、現在は東京大学医学部附属病院放射線科の研究者です。
幼い頃は全国各地の商議で優勝するなど天才少女として活躍していました。
小学生の時には、日本クラシック音楽コンクール奨励賞を受賞。
中学生の時は、最年少で日本数学コンクール論文賞銅賞。
日本ジュニア数学コンクール優良賞など数々の実績をあげています。
天才少女だった越野沙織さんは、将来的には研究者としてノーベル賞を獲得したほしいと思います。

越野沙織医師の出身高校中学大学はどこ?

越野沙織さんは、南山中学校、南山高校、東京医科歯科大学医科出身のようですね。
愛知県の南山高等学校の偏差値は70くらいなので進学校です。
その後は、東京医科歯科大学医学部医学科を卒業しています。
東京大学大学院医学系研究科生体物理医学専攻で現在は活躍しています。

越野沙織医師は羽生善治さんと対局経験あり


さんは9歳で羽生善治さんと将棋で対局したことがあるようです。
越野沙織さんと羽生善治さんとの対局結果になりますが、羽生善治さんに負けてしまったそうですが、9歳で対局したということは越野沙織さんも相当な実力だったことがわかりますね。

越野沙織さんが現在まで将棋も続けていたならプロとして活躍していた可能性が高いですね。
これからの活躍に期待したいですね。