名門青森山田高校の司令塔で高校サッカー界屈指の逸材。名前の由来は中田英寿さんと言われています。

武田英寿選手の進路先は、浦和レッズ、ベガルタ仙台なのか、サッカーのプレースタイルについて紹介します。

スポンサーリンク

武田英寿選手(青森山田)の進路先(就職)は浦和レッズ?ベガルタ仙台?


武田英寿選手は、青森山田高校を卒業してからはサッカーのプロ入れが決まっています。

武田英寿選手は宮城県出身なので、ベガルタ仙台入りが予想されていましたが、浦和レッズを選択しました。

ベガルタ仙台より浦和レッズの方がプレーするのは困難になりますが、競争が激しい環境の浦和レッズの方が将来的にはいいのかもしれません。

進路先としては大学という選択肢もありましたが、プロで活躍することで将来的に海外でプレーできるチャンスが早くなりますね。

武田英寿選手のレベルなら争奪戦でJリーグのチームからたくさんオファーが来ていたと思います。

スポンサーリンク

武田英寿選手(青森山田)のサッカーのプレースタイルは?ポジションはMF


武田英寿選手は次世代の司令塔候補です。

高校サッカー界屈指のレフティーとして2年連続高校サッカー選手権大会優勝を目指しています。

青森山田高校の10番で今大会注目選手の一人です。

武田英寿選手のポジションはMF。多彩なパスで試合を組み立てて、あらゆる状況に対応できる選手です。

司令塔としてゲームメイクする技術は、高校サッカーとしてもハイレベルです。

試合をコントロールしてU-18サッカープレミアリーグも優勝しています。

小学校、中学校と全国レベルでプレーしてきたのでレベルは高く評判もいい選手です。

スポンサーリンク

武田英寿選手(青森山田)の名前の由来は中田英寿さん


青森山田の武田英寿選手の名前の由来は、元日本代表の中田英寿さんです。

武田英寿選手の両親が中田英寿さんのファンだったようです。

武田英寿選手は、中田英寿さんのプレーはyoutubeなどの動画では見たことがあるはずです。

青森山田の友達には、ヒデと呼ばれているみたいですね。

中田英寿さんのように日本代表として活躍して海外でもプレーできるようにまずはJリーグで活躍してほしいと思います。

スポンサーリンク

まとめ:武田英寿選手(青森山田)の進路先は浦和レッズ

青森山田高校の武田英寿選手の進路先は浦和レッズになります。

U-18サッカープレミアリーグで優勝した青森山田の10番として、高校サッカー選手権でも優勝を狙います。

青森山田は今大会NO.1の優勝候補なので、順当に勝ち進んで優勝するのではないでしょうか。

高校サッカー選手権では武田英寿選手のプレースタイルに注目して観戦してください。

松木玖生(青森山田)の出身中学校や小学校は?北海道室町出身?

スポンサーリンク