第92回選抜高校野球大会の21世紀枠の地区候補9校が発表されました。

2020年の春のセンバツ高校野球に出場できるのは3校です。2020年1月24日の選考委員会で決定されます。

近大高専が選ばれれば、高専学校としては史上初の甲子園大会出場となります。

第92回選抜高校野球2020の21世紀枠はどこが選ばれるか予想してみました。

スポンサーリンク

第92回選抜高校野球2020の21世紀枠はどこ?出場校一覧

第92回選抜高校野球2020の21世紀枠の出場校一覧になります。21世紀枠といっても地区大会ではベスト8以上の成績を収めています。

北海道:帯広農:全道大会ベスト4
東北:磐城(福島):東北大会ベスト8
関東:宇都宮(栃木):県大会ベスト8
東海:近大高専(三重):東海大会ベスト8
北信越:敦賀(福井):北信越大会ベスト8
近畿:伊香(滋賀):県大会ベスト4
中国:平田(島根):中国大会ベスト8
四国:城東(徳島): 四国大会ベスト8
九州・沖縄:本部(沖縄):県大会ベスト8

スポンサーリンク

第92回選抜高校野球2020の21世紀枠を予想してみた

第92回選抜高校野球2020の21世紀枠を予想してみました。

地区大会の成績だけなら帯広農と伊香の2校が選ばれることになります。

残り1校を選ぶは非常に難しくなりますが、加藤学園(静岡)に4対5で敗れたけど、接戦を演じた近大高専が選出されるかもしれません。

近大高専は高専学校として史上初となっているので、個人的には選ばれてほしいと思っています。

スポンサーリンク

第92回選抜高校野球2020の21世紀枠のネットの口コミ

スポンサーリンク