バドミントンの桃田賢斗選手は右目の眼窩(がんか)底骨折で手術したことがわかりました。

シャトルが二重に見えたことで手術しましたが、全治3カ月になりますが、術後は順調とのことです。

1度は異常なしと診断されたのになぜ今頃眼窩底骨折がわかったのか、さらに東京オリンピックに間に合うのか調べてみました。

スポンサーリンク

桃田賢斗選手(バドミントン)はなぜ今眼窩底骨折の理由は?


バドミントンの桃田賢斗選手は2020年2月8日に眼窩底骨折の手術をしています。

術後の経過は順調のようですが、1週間程度入院する予定となっています。

その後は1週間ほどで運動ができる可能性があるようですが、全治3か月。

なぜ今眼窩底骨折がわかったのでしょうか。1ヶ月近く要した理由はわかっていません。

通常はCT検査で比較的簡単に眼窩底骨折はわかるようです。しかし、1ヶ月近く要したので、東京オリンピックに影響が出てしまいますね。

なぜ眼窩底骨折に1ヶ月近く要したのか理由が知りたいですね。

スポンサーリンク

桃田賢斗選手(バドミントン)の東京オリンピックに間に合うの?


桃田賢斗選手は眼窩底骨折で全治3か月なので、復帰は5月頃になる予定です。

5月16日にはトマス杯で復帰できたとしても、東京オリンピックまでは二か月程度となります。

東京オリンピックまで二か月となるので、実践が限られてしまいます。

東京オリンピックには間に合うと思いますが、実践がほとんどできないままなので心配になりますね。

スポンサーリンク