新型コロナウイルスに新たに東京都内の70代タクシー運転手が感染したことが報道されました。

さらに新型コロナウイルスで国内初死亡者の神奈川県の80代女性はタクシー運転手の義理の母親であることがわかりました。

そこで今回は、新型コロナウイルスでなくなった80代女性と東京70代タクシー運転手の関係やタクシー運転手の入院先の病院の場所はどこか調べてみました。


スポンサーリンク

新型コロナウイルス東京都内の70代タクシー運転手が感染


新型コロナウイルスに新たに東京都内の70代タクシー運転手が感染したことがわかりました。

タクシー運転手の70代男性は中国人観光客を乗せて羽田空港と都内を行き来しているとのことです。

新型コロナウイルス感染者は都内では確認されたのは、4人目となります。

新型コロナウイルス東京タクシー運転手の義理の母親は?


新型コロナウイルスでなくなった神奈川県の80代女性は、東京で感染したタクシー運転手の義理の母親が判明しました。

神奈川県の80代女性とタクシー運転手と同居していたかは不明ですが、人から人へと感染した可能性が高くなっています。

現在は、80代女性とタクシー運転手が自宅に一緒に住んでいたかなど調べているはずです。


スポンサーリンク

新型コロナウイルス東京70代タクシー運転手感染者は入院先の病院は場所はどこ?

新型コロナウイルス東京70代タクシー運転手感染者は入院先の病院はどこか確認してみました。

70代のタクシー運転手は、現在都内で治療中と報じられています。

新型コロナウイルスの感染者の指定医療機関は以下の通りです。

  • 東京都立駒込病院
  • 東京都立墨東病院
  • 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院
  • 益財団法人東京都保険医療公社 荏原病院
  • 自衛隊中央病院
  • 公益財団法人東京都保健医療公社 荏原病院
  • 公益財団法人東京都保健医療公社 豊島病院
  • 青梅市立総合病院
  • 東京医科大学八王子医療センター
  • 国家公務員共済組合連合会 立川病院
  • 日本赤十字社東京都支部 武蔵野赤十字病院
  • 公立昭和病院
  • 国民健康保険町立八丈病院
  • 上記の医療機関のいずれかで治療を受けている可能性があります。


    スポンサーリンク