新型肺炎コロナウイルスは沖縄県でも感染者がいることがわかりました。

沖縄県内に住む60代女性のタクシー運転手ということが2月14日に確認されています。

そこで今回は、新型コロナウイルス沖縄県の入院先の病院はどこで、60代女性は誰で名前や顔画像について調べてみました。


スポンサーリンク

新型コロナウイルス沖縄県のタクシー運転手が感染

沖縄県内の60歳代のタクシー運転手の女性が、新型コロナウイルスに感染していたことがわかった。同県内での感染確認は初めて。関係者によると、女性は集団感染が起きているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が今月1日に那覇港(那覇市)に寄港した際、乗客と接触した可能性がある。

沖縄県で新型コロナウイルスに60歳代のタクシー運転手の女性がが感染していることがわかりました。

2020年2月1日にクルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」の那覇港に寄港した際に乗客と接触している可能性があるそうです。

感染経路はクルーズ船ではないかと予想されます。

新型コロナウイルス沖縄県の入院先の病院の場所はどこ?


沖縄県で新型コロナウイルスに感染した60代女性の入院先の病院の場所はどこか調べてみました。

沖縄県の感染症指定医療機関の以下の通りです。

  • 沖縄県立北部病院
  • 沖縄県立中部病院
  • 沖縄県立南部医療センター・こども医療センター
  • 沖縄県立宮古病院
  • 沖縄県立八重山病院
  • 琉球大学医学部附属病院
  • 60代男性の入院先はおそらく上記の病院の可能性があります。


    スポンサーリンク

    新型コロナウイルス沖縄県の60タクシー運転手は誰で名前や顔画像は?


    新型コロナウイルスの沖縄県の60代女性のタクシー運転手は誰で名前や顔画像を確認してみました。

    現在の情報では60代女性は誰で名前や会社名まではわかりません。


    スポンサーリンク