2020年4月6日の安倍首相の会見で7都市に緊急事態宣言をすることがわかりました。

対象の地域は、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡です。

そこで今回は、愛知県名古屋除外はなぜ入らないのか、飛ばした理由は大村知事か確認してみました。

緊急事態宣言愛知県名古屋市は河村市長が陽性


緊急事態宣言は愛知県と名古屋市も対象地域にいれるように河村市長が陽性することが発表されました。

緊急事態宣言は7つの都道府県でしたが、愛知県は入っていませんでした。

新型コロナウイルスの感染者は愛知県も多かったので、緊急事態宣言されると思っていました。

なぜ、愛知県名古屋市はなぜ除外されたのでしょうか。


スポンサーリンク

緊急事態宣言愛知県名古屋市は除外はなぜ入らない?


緊急事態宣言は愛知県名古屋市は除外でなぜ入らなかったのか公表されていません。

ツイッター上で確認するとモノづくりが盛んな地域だからではないかと言ってる人はいますね。

愛知県は、トヨタ自動車など自動車が盛んなので、緊急事態宣言されなかったのかもしれません。


スポンサーリンク

緊急事態宣言は愛知県名古屋市を飛ばした理由は大村知事?


緊急事態宣言は愛知県名古屋市を飛ばした理由は大村知事にあるのではないかと話題になっています。

専門家会議提言に「迷惑千万」といったようなので、この発言が影響しているかはわかりません。

大村知事の発言だけで、愛知県名古屋市が外されたとは考えられないですね。


スポンサーリンク